SELVHENTER

日本: 2017年5月


5月6日: OKAYAMA @ Pepperland

“ケッチ企画【フキダシくりだし GW special !!!】”

+ 頭士奈生樹 / USGKZ & The equipments / apartment / 駅前旅館 / CRUB

開場 18:00, 開演 18:30
予約 2500 円, 当日 3000 円 (+1 drink ¥500)

5月7日: OSAKA @ Bears

“EXPE & Ryouta Nichi present Aural Caffein Festival”

+ Maria Moles & Adam Halliwell (from Australia) / EXPE (from PARA) / Ryouta Nishi (from PARA) / pulsman / 長谷川夕記

開場 17:30 , 開演 18:00
当日 2500 円

5月8日: TOKYO @ Club Goodman

+ ふくろ / Transkam / NEW FRONT SPARK / FLACKSS

開場 18:30 , 開演 19:00
予約 1.800 円, 当日 2.000 円

5月11日: TOKYO @ Super Deluxe

“オポジット2017”

+ Jeppe Zeeberg solo

開場 18:30, 開演 19:30
前売 2500円 (ドリンク別)


&

...special night of SOLOs!

5月10日: TOKYO @ Bar Isshee

Ymers Pizza / Diekmann / Sonja LaBianca / 波多野敦子

open 19:30 / start 20:00
投げ銭制 (別途チャージ500円+ドリンクオーダー)


J a l e h N e g a r i : ド ラ ム
A n j a J a c o b s e n : ド ラ ム
M a r i a B e r t e l : ト ロ ン ボ ー ン
S o n j a L a B i a n c a : サ ク ソ フ ォ ン

M a r i a D i e k m a n n : バ イ オ リ ン


デンマークのバンド「SELVHENTER」は、またたくまにヨーロッパでもっともエキサイティングなエクスペリメント・ロックバンドのひとつになった。エネルギッシュなロックと即興やノイズを混ぜ合わせたそのユニークな音で、北欧各地のジャズやロックのフェスティバルに出演し、絶大なる人気を博す。

メンバーの5人は、コペンハーゲンでも有名なバンドに属している。その幾つかを紹介すると、「Pinkunoizu」、「Havens Fugle」、「Chimes & Bells」、「Gud Er Kvinde」、「Valby Vokalgruppe」、「Kirsten Ketsjer」、そして「Choir Of Young Believers」などが挙げられる。

「SELVHENTER」はロックと即興ばかりでなく、アフリカや南アジアのパーカッションやミニマル音楽からの影響も大きい。ホーンセクションがシンプルなメロディパターンを繰り返す中、2人のドラマーが激しくポリリズムを叩き出す。またある時には、トロンボーンと2本のサックスはエフェクトペダルで音を歪ませながら演奏する。彼らの音は美しく激しく、ダンスにも最高のパートナーとなる。

彼らにとって最も必要であり重要なことは、エネルギーと好奇心なのだ。

「SELVHENTER」は2007年、バイオリン、サックス、トロンボーンの3人で結成、2008年に2人のドラマーが加入し、5人編成となる。最近ではバイオリンを除いた4人編成(カルテット)での日本公演も成功を収めている。2012年、初のフルアルバム「Frk. B. Fricka」をリリース。プロデューサーは伝説のギタリストで映画音楽作曲家、また最近ではデンマークのパンクバンド「ICEAGE」をプロデュースした Peter Peter。

SELVHENTER は北欧周辺やドイツで開催された、「Copenhagen Jazzfestival」、「Roskilde Festival」、「Kongsberg Jazzfestival」、「Iceland Airwaves」、「Elektronisk Jazzjuice」、「Wels Music Unlimited」 などの有名なフェスティバルにおいて卓越した演奏を披露した。そこで彼らは、Mats Gustafssonの「THE THING」や 芳垣安洋の「ORQUESTA LIBRE」との競演を果たした。

音楽を:








"Selvhenterというバンド、編成は2ドラムに電気を通したtb, sax, violin いいバンドでした。(...) 対バンのコペンハーゲンのガールズバンドが面白かった。" - 大友良英 @ Twitter (2010年10月3日)


Raw Power 2016:



Mayhem 2014:



Jazzhouse 2013:



Jazzjuice 2012:



Atlas 2010:



Iceland Airwaves 2010:



"Motion of Large Bodies" (2014):

"Frk. B. Fricka" (2012):



Eget Værelse